トップへ ->  自馬・預託・養老馬  -> 放牧~メリットとリスク~

放牧~メリットとリスク~

パロミノ。ポニークラブの特徴のひとつは、広い敷地を生かした放牧です。もちろん自馬も、オーナーの方のご希望にあわせて放牧できます。ご自分の馬にできる限り幸せで優れた環境を与えたいというのは、全てのオーナーさんの願いでしょう。放牧にはメリットとリスクがありますのでご説明いたします。


放牧のメリット
馬は元々広い草原で集団で生活する動物です。狭い厩舎の中だけでの生活は、馬の身体面にも精神面にも良くありません。放牧には複数の馬と同じ場所で行う多頭放牧と、一頭で行う単体放牧があります。特に多頭放牧は、集団生活をする馬の生態に則しているため、馬の精神面での効果があります。馬の中での順列に従わなければなりませんから、社会性や協調性が養われますし、友達ができることで性格が穏やかになります。騎乗する側から見るなら、激しい物見や興奮しやすい性格が改善される傾向があります。

放牧のリスク
一方、他の馬と走り回って遊んだり、馬同士の諍いもありますから、どうしても肢の故障やケガのリスクは高くなります。単体での放牧の場合でも、広い場所では馬ははしゃいで走りますので、肢の故障のリスクがあります。

以上のことから、パロミノではご自身の馬に怪我や故障のリスクがあったとしても馬本来の生活を楽しませたいとお考えのオーナーの方、また馬の物見や興奮が激しく、騎乗に困難を感じているオーナーの方に放牧をお勧めしています。

> こちらでパロミノで馬たちが朝、放牧に出かける風景がごらんになれます。
馬同士が遊ぶ風景は > こちら


トップへ ->  自馬・預託・養老馬  -> 放牧~メリットとリスク~
風景を見る(動画)小学生対象 乗馬体験コース ネット申込 20%OFF!!